災害時、非難所にペットの受け入れがあるのかは事前に確認できる

昨今、災害の発生に伴い、避難が必要となる場面が増えています。
東日本の震災の時、避難所に逃げてきた飼い主が、ペットと離れ離れにならざるを得ない厳しい現実や、はぐれてしまったペット、それを探す飼い主の悲痛な姿がニュースなどで取り上げられました。
ペットの関連雑誌などで、災害時などに、飼い主とはぐれてしまっても、再び会えるよう、迷子札やマイクロチップの使用を広げるキャンペーンなども取り上げられました。

実際、避難所での生活になった際、ペットと飼い主が一緒の場所に避難できることが難しい場合は往々にしてあります。
それは、不特定多数の方が一緒に生活するうえでは、アレルギーや、匂い、衛生面での心配などから、他の避難者から嫌がられることもあるためです。

東日本の震災時には、ペットが避難所に入れないため、車で過ごす家族についても伝えられました。
このようなことは、人間もペットもストレスを抱えてしまいます。

たとえ、離れた場所での避難生活になったとしても、ペットに極力ストレスをかけないようにするためには、ペット自体にある程度の適用力を備えてもらえておくと安心です。

災害という緊急時に、ペットのケアについてまで、十分には自治体の方でも対応しきれないことが殆どです。
ペットのことを守ってあげられるのは飼い主だけです。
共倒れにならないように、日ごろから避難場所の確認や、ペットとの同行が可能かどうかの確認をしておくことは大切です。
また、無駄吠えしない、決まったところで用を足すなど、最低限のしつけを行っておく必要もあります。


TOPへ戻る