ペットの命を守れるのは飼い主だけ

住まいの周辺の避難場所や経路を確認

地震以外にも大雨や台風などで避難をすることが増えてきているように感じられます。
それもあってか、各自治体では、自身のホームページ上で避難場所の掲示に合わせ、ペットに対しての配慮も行っている所が多くなってきました。
実際にご自分が住んでいる地域で、指定されている避難所はどこなのか、その場所はペットも一緒にとどまることができるのかを確認しておくと安心です。
ペットも同行できるようであれば、万が一、非難することがあった場合に、使う経路の確認もしておきましょう。
小型の動物であればキャリーに入れて運ぶことができますが、中型、大型のものになると、リードなどで同行して避難することになります。
悪路になりやすそうな道は避けて、平たんな道での避難経路を探しておきましょう。

ペットが一緒に避難できない場合

東日本の震災の時、どうしてもペットと一緒に避難できない。
あるいは、一緒に避難している他の方に迷惑をかけてしまう。
という理由から、震災後などに自分の車の中でずっと過ごしていた方も見受けられました。
これは飼い主さんにとっても、ペットにとっても過剰なストレスとなります。
元々あった愛情も変化し、悲しい結末になることも否定できません。
そのようなことの無いように、万が一の時、預かってもらえる親戚や友人などを探しておくことも必要でしょう。
一旦避難して、交通機関が復旧したところで、ペットだけでも預かってもらえるようお願いできれば安心ですね。
一番は、飼い主の方も一緒に一時的に身を寄せることができればよいのですが。


この記事をシェアする
TOPへ戻る